導入事例:株式会社ウニードス

株式会社ウニードス

金融アイコン金融
Hardware PDFダウンロード

高信頼性金融サービスシステム構築事例

システム停止が許されない海外送金サービスの
対外接続システムを支える無停止型サーバ「ftServer」

株式会社ウニードス様高信頼性金融サービスシステム構築事例ページ-メインビジュアル

2010年に資金移動業者として登録されたウニードスは、海外送金サービス「キョウダイ レミッタンス」を主力事業とし、日本在留の外国人向けに小口送金サービスを提供している。海外送金業務に必要な対外接続システムを借りていた提携先外資系銀行の日本撤退に伴い、そのシステムを自社構築することを決めた同社は、止められないカード決済トランザクションシステムのハードウェアにftServerを採用し、高信頼で運用性の高いインフラ基盤を構築した。

口コミで広がる海外送金サービス「キョウダイ レミッタンス」

株式会社ウニードスの主力事業は、海外送金サービス「キョウダイ レミッタンス(KYODAI Remittance)」だ。日本在留外国人を中心に多くのユーザ会員がキョウダイ レミッタンスを利用している。実際、母国への定期的な郷里送金など、日本在留の外国人にとって海外送金の頻度は高い。海外送金は銀行からも行えるが、送金に必要となる外国送金依頼書は日本語で書かれており、その作成にかなりの時間を要する上、誤記載によるトラブルも多い。2010年に施行された資金移動業法以前は、外国人にとって海外送金は大きな負担となっていた。その負担を軽減しようと、海外送金専門のサービスを開始したのがウニードスだ。

「1989年にアメリカ・ロサンゼルスで行われた海外日系人大会で、法外な手数料を要求する悪質な海外送金事業者の存在が問題視されました。そこでペルーの大手信用組合3社が協業し、日本で働くペルー人を支援するための企業グループ“KYODA(I キョウダイ)”を発足し、活動を開始しました。これが今の“キョウダイ レミッタンス”の源流です。その業務をウニードスが引き継ぎ、キョウダイ レミッタンスとなりました」と、代表取締役社長の木本 結一郎氏は語る。

同社は世界各国、すべての国と地域に対して送金サービスを提供可能な唯一の資金移動業者だ。同社が提供するキョウダイ レミッタンスは、銀行の海外送金よりも速く安全に送金でき、手数料も安い。海外の送金会社・金融機関との連携により、送金方法も複数の手段に対応している。日本全国26,000以上のゆうちょ銀行のATMから送金できる送金専用カードや、国内各所にあるキョウダイ レミッタンスの送金カウンターからの送金、銀行口座からの電信振り込みによる送金、現金書留郵便での送金など、会員の利便性を追求したサービスを提供している。また、同社に勤務する多国籍なネイティブ スタッフによる母国語での手厚いサポートが受けられるなど、速くて便利、しかも安心で確実なキョウダイ レミッタンスは口コミで広がり、海外送金利用者にとってなくてはならない存在となっている。
*送金規制対象となっている一部の制裁対象国を除く

SEGTRANを採用し、海外送金システムを自社構築

「これまでは提携先の外資系銀行の仕組みを使って、海外送金サービスを提供してきました。しかし、その外資系銀行が日本市場から撤退することを決め、これまで使ってきたシステムが利 用できなくなることがわかりました。このままでは会員の皆様にご不便をおかけすることになり、当社の事業にも大きな打撃となります。至急、別の仕組みを探す必要に迫られていました」と、代表取締役の木本結一郎氏は振り返る。

提携先外資系銀行の撤退期限が迫る中、これまで通りのサービスを提供できる新しい仕組みを探すといっても、すぐに見つかるものではない。今後の事業展開や長期的な運用面も含めて検討しなければならないが、時間的な猶予はない。課題が山積する中、これまでシステムを借用していた外資系銀行のシステム担当者からカード決済トランザクションシステム「SEGTRAN(セグトラン)」の紹介を受けた。

SEGTRANはセイコーソリューションズ株式会社が提供する「対外接続機能」をサポートするパッケージソリューションだ。クレジットカード会社の決済ネットワークシステムや、ATMとの対外接続システムなどで多数採用されている。「SEGTRANを使えば、これまでと同様のシステムを構築できることがわかりました。新システムへの移行スケジュールはかなりタイトでしたが、打合せを重ねていく中で、豊富な実績と高いノウハウを持つセイコーソリューションズさんにご支援いただければ実現できる、と解決のきざしが見えました。SEGTRANの導入に迷いはありません でした」と、木本氏は続ける。

サービス停止は許されない。ハードウェアの信頼性は必須要件

SEGTRANの導入を決めたウニードスは、SEGTRANが稼動するプラットフォームの検討に入った。「銀行システムと接続するため、信頼性は必須要件です。障害によるシステムダウンは避けなければいけません。ハードウェアに障害が生じてもシステムが稼動し続ける、フォールト・トレラント・サーバを導入することにしました」と、情報技術部 プロジェクトマネージャ メンサ トゥギオノ氏は振り返る。多くの会員が海外送金の際に利用するゆうちょ銀行ATMは、設置場所によって利用可能時間が異なるものの、365日稼動している。ATM稼動中のシステムダウンは許されず、万が一業務停止が発生してしまった場合、その影響は甚大だ。業務時間外に計画停止を実施する場合でも、事前に金融機関への詳細な報告書の提出が義務付けられているため、予期せぬ障害に限らず、できる限りシステムは止めたくない。そこで同社が選択したのは、ストラタステクノロジーのftServerだった。

ftServerはCPU、メモリ、ディスク、電源などすべてのコンポーネントが二重化され、CPUは同じタイミングで処理を実行し、常に同期をとっている。万が一、障害が発生すると自動的に検出され、即座に障害箇所がシステムから切り離され、OSやアプリケーションに影響を与えることなくシステムは稼動し続ける。障害が発生したコンポーネントはシステムを止めることなく交換が可能で、タイムラグやデータのロストを回避する。またftServerは、OSやソフトウェアからは単一のシステムとして認識されるため、シングルサーバ同様の運用ができ、アプリケーションの改変も必要ない。

「信頼性、運用性が高く、金融機関での実績もあります。Stratus ftServer ならSEGTRAN のプラットフォームとして最適だと考えました」と、メンサ氏は続ける。

高信頼で拡張性の高いICTシステムによる業務効率化を推進

SEGTRANとftServerの導入を決めた同社は、早速構築作業に入った。金融機関との接続インターフェースやCAFIS接続インターフェース、キョーダイ レミッタンスの基幹システムとの接続設定など、必要なカスタマイズはセイコーソリューションズが全面的に支援し、構築作業は順調に進んだ。同社にとってシステム移行の難所の一つは、金融機関との接続試験だった。金融機関から提供される膨大な仕様書や書類は全て日本語で記述されている。専門用語も多く、約9割が外国人スタッフの同社にとっては解読するために膨大な時間を要する内容だったが、セイコーソリューションズの支援とノウハウで、無事に乗り切ることができた。

「会員様はこれまでと同様にサービスを利用しています。会員様にとって、会員カードが新しくなった事以外、何の変更もありません。新システムは安定して連続稼動しています。トラフィックが集中するラマダンやホリデーシーズンも問題はありませんでした。システムが安定稼動しているため、運用・保守の工数もほとんどかかっていません」と、メンサ氏は語る。

こうして自社で海外送金システムを構築したことにより、ウニードス側でコントロールできる範囲が広がり、業務の効率化も推進できているという。「例えば、日本の法律では1送金あたりの限度額が100万円までと決められていますが、以前のシステムではその上限を超えて受け付けできてしまいました。これは、外資系銀行のシステムの仕様だったため、当社がシステム側で制限をかけることはできず、スタッフによるフォローが必要となっていました。新システムでは限度額以上の送金を受け付けないよう設定したので、マニュアル対応が不要になりました。自社でシステムコントロールが行えるようになったことは、大きなメリットだと思います」と、メンサ氏は語る。

「新システムを使えば、より多くの銀行と接続することもできるでしょう。会員様のニーズに応えて、順次サービスを拡張していくこともできます。また、まだまだ紙を使った業務も残っているので、ICTによる業務の効率化ができる部分も多いと思います。弊社のICTの利活用は今後ますます進んでいくことと思います」と、総務・人事部ジェネラルマネージャの村井氏も続ける。グローバル化が進む日本において、海外送金のニーズはますます増えるだろう。高信頼で拡張性の高い海外送金システムを自社構築したウニードスでは、運用効率の向上と更なる高付加価値サービスを会員に提供していく。

株式会社ウニードス様 システム構成

株式会社ウニードス様 高信頼性金融サービスシステム構築事例-システム構成図
Interviewee
株式会社ウニードス_木本様
代表取締役社長
木本 結一郎
株式会社プレシア_瀬戸様
総務・人事部 ジェネラルマネージャ
村井 映司

株式会社プレシア_瀬戸様
情報技術部 プロジェクトマネージャ
メンサ トゥギオノ
Profile
  • 社名
    株式会社ウニードス
  • 本社所在地
    東京都品川区東五反田1-13-12 イチゴ五反田ビル601
  • 設立
    2000年6月(有限会社ウニードス設立)
  • 事業内容
    国際送金業務
    (資金移動業者「関東財務局長第00004号」)
  • 従業員数
    83名(2014年8月現在)
  • URL
Profile
PDFダウンロード