導入事例:株式会社プレシア

株式会社プレシア

製造
Hardware PDFダウンロード

ハイブリッドクラウド構築事例

IaaSとftServerとの組み合わせで、
クラウドとオンプレミス双方のメリットを
最大化するハイブリッドクラウド構築事例

株式会社プレシア様ハイブリッドクラウド構築事例ページ-メインビジュアル

コンビニエンスストアやスーパーで市販されるデザート、洋菓子の企画・製造・販売や健康食品等の開発、食品の輸入販売などの事業を行う株式会社プレシア。同社では、オンプレミスで運用していた基幹システム「プレシア総合情報システム(PTS)」のハードウェア老朽化に伴い、クラウド化を実施。IaaS型クラウドサービス「JGranz® IaaS」と無停止型サーバ「ftServer®」の組み合わせによるハイブリッドクラウドを採用し、運用負荷とコストを抑え、高信頼で拡張性の高いICT基盤を構築した。

業務の効率化と食の安全を支える「プレシア総合情報システム」

株式会社プレシアは神奈川県横浜市に本社を置く菓子、デザート類の製造及び卸業を事業の柱とする食料品メーカーだ。パン、菓子、デザートなど、数百種類に及ぶ自社商品一つひとつの素材や製法にこだわりつづけ、「食」を通して健 康的で豊かな生活を届けることを理念とし、単なる“おいしい”だけでなく、その先の“感動”へ繋げていくことを使命としている。「特に伸びているのがスーパーやコンビニエンスストアのデザートやスイーツです。常時製造している商品はだいたい100~200品目ですが、季節ごとに商品の入れ替わりが多く、年間の商品点数は約1,000品以上になります。商材の賞味期限が短く、24時間営業のコンビニに商品を提供していることもあり、工場は24時間365日稼動しています」と、生産本部 システム課長 濱中章徳氏は語る。

同社の業務を支えているのはICTシステムだ。以前は紙の帳票をベースに業務を行ってきたが、2010年に『プレシア総合情報システム(PTS)』を構築し、業務の効率化と食の安全を両立している。「システム導入の検討を始めた当初は、どこから手をつけたらいいのかわからない状況でした。情報収集を進める中でJFEシステムズが食品製造業界に精通しているベンダーということが分かり、受注から出荷、生産管理や商品の企画情報まで全て管理できる基幹システムの構築を全面的に支援していただくことになりました」と、濱中氏は振り返る。年間1,000点を超える商品を展開している同社にとって、ExceやWordなどを中心とした“紙”ベースの業務は限界を迎えていた。そこで同社はJFEシステムズ株式会社の支援のもと、2010年に生産管理システムや配合・食品法規管理システム、管理会計システム、就業管理システム、EDI、運用管理システムなどからなるプレシア総合情報システムを構築した。「事業拡大が進む中、プレシア総合情報システムのおかげで業務の効率化ができています。現在は、グループ企業8社もプレシア総合情報システムを利用しています」と、濱中氏は続ける。プレシア総合情報システムは、同社のみならずプレシアグループ全体を支える重要なシステムとなっているのだ。

コスト抑制・運用性・可用性・拡張性を求め、クラウド化を検討

株式会社プレシア様ハイブリッドクラウド構築事例-ケーキ製品画像

プレシア総合情報システムの稼動から5年が過ぎ、ハードウェアに起因する問題が発生し始めた。「商品点数の増加に伴ってレシピなどのデータが増え続け、システムの利用者数が急増したこともありディスク容量が不足しました。サーバ耐用年数も限界を迎えるため、プラットフォームのリプレースが必要でした」と、生産本部 システム課 チームリーダー 瀬戸康平氏は振り返る。プレシア総合情報システムはオンプレミスのサーバ9台で構成されていた。全てシングルサーバ構成となっていたため、障害によるシステムダウンも経験しているという。「実はプレシア総合情報システムを導入した当時、システムが数時間程度停止しても帳票を使って業務を継続できると考えていました。しかし、実際には帳票では対応できず、ビジネスインパクトも少なくありませんでした」と、濱中氏は語る。同社は「食の安全」を最重要課題として取り組んでいる。国際認証規格や厳しい自社基準を元に食品安全マネジメントシステムのPDCAサイクルを循環させ、品質の維持・向上および継続的な業務改善活動を推進している。食品法規への準拠も必須だ。事業、取引先、ユーザが拡大した同社にとって、受注から生産、出荷および品質管理まで全ての業務を支えるプレシア総合情報システムは、止めることができないシステムになっていたのだ。

そこで同社が新しいプラットフォーム基盤に求めたのは「信頼性」と「運用性」、そして「拡張性」の高さだ。システムの信頼性を高めるには、冗長化が不可欠。シングルサーバに比べ、構築・運用・保守コストが増加するのは必至だ。「どうすれば、導入・運用コストを抑えつつ、運用性・可用性・拡張性を高めることができるか検討を重ねました」と、瀬戸氏は続ける。そこでJFEシステムズが提供しているIaaS型クラウドサービス「JGranz IaaS」に白羽の矢が立った。「JGranzIaaSはオンプレミスよりもコストが安く、可用性・拡張性を高めることができます。物理サーバの購入手続きや故障のリスク、保守部品の管理などをアウトソーシングできるため、運用負荷から解放される点もメリットです。クラウド移行はチャレンジですが、挑戦してみようと考えました」と、瀬戸氏は語る。

クラウド移行プロジェクトが直面したDB ライセンスコスト問題

プレシア総合情報システムのクラウド移行検討を進める中で、1つ問題が発覚した。「既存のデータベースをクラウドに移行すると、膨大なライセンス費用が発生することがわかりました。もし、別のデータベースに乗り換えるとアプリケーションの改変が必要となり、検証や構築のために追加コストがかかります。この問題には正直頭を抱えました」と、瀬戸氏は振り返る。 そこで同社は、データベースについてはオンプレミスで運用する方向に切り替えた。「オンプレミスといっても信頼性や運用性を重視することは変わりません。当社の場合、発注から出荷まで数時間程度というケースも少なくないため、シス テムのダウンタイムが発生するとその影響は避けられません。データベースはシステムの要。止まらないことはプレシア総合情報システムにとって必須要件でした」と、濱中氏は続ける。そこで同社が採用したのはストラタステクノロジーのftServerだった。ftServerはCPU、メモリ、ディスク、電源などすべてのコンポーネントが二重化され、CPUは同じタイミングで処理を実行 し、常に同期をとっている。万が一、障害が発生すると自動的に検出され、即座に障害箇所がシステムから切り離され、OSやアプリケーションに影響を与えることなくシステムは稼動し続ける。障害が発生したコンポーネントはシステムを止めることなく交換が可能で、タイムラグやデータのロストを回避する。シングルサーバ同様のシンプルな運用が可能な無停止型サーバだ。「クラスタ構成も検討しましたが、高コストになってしまう。また、運用負荷が残ってしまう懸念もありました。ftServerは金融系企業などに多 く採用されている高額なサーバ、というイメージを持っていましたが、実際の見積を見ると当初のクラウド移行予算内で収まることが分かりました。これなら、全ての問題を解決できると確信しました」と、瀬戸氏は語る。

ハイブリッドクラウドシステムの導入効果

JFEシステムズの全面的な支援により、移行作業は順調に進んだ。クラウドとオンプレミスのハイブリッド構成となった新プレシア総合情報システムの信頼性は大幅に向上し、運用負荷の 大幅な削減に成功した。「オンプレミスで運用を続けるデータベースもftServerによって信頼性が担保され、特別な運用負荷はかかりません。障害が発生してもシステムが停止しないのが一番 のメリット。これまでは交換部品が届くまで業務システムが止まってしまいましたが、そのような心配をする必要がなくなりました。意識することなく無停止運用ができる、本当に安心です」と、 瀬戸氏は語る。成長を続ける同社にとって、止まらないプレシア総合情報システムは事業拡大を支える大きな武器となっている。「移行前はハイブリッド構成にすることでパフォーマンスが落 ちるのではないかという不安もありました。
しかし、実際にはパフォーマンスはむしろ改善されており、ユーザの使用感もこれまでと全く変わっていません。クラウド化は大きな挑戦でした が、高信頼で拡張性の高いICT基盤を構築することができました。これからはエア・ウォーター企業グループの一員として、グループ間でのシナジー効果を最大化し、より幅広い領域での事 業展開を支えるICTシステムの企画・運用に注力していくことができます」と、濱中氏は語る。クラウドへの移行を検討する企業は増えているが、業務システムや基幹システムの中にはオン プレミスに残さなければいけないものも少なくない。プレシアのようなハイブリッド構成とすることで、クラウドとオンプレミスの双方のメリットを最大化しつつ、そのデメリットを最小化するこ ともできる。プレシアのハイブリッドクラウド構築事例は、クラウド検討中の企業の参考になる成功事例だろう。

株式会社プレシア様 システム構成

株式会社プレシア様ハイブリッドクラウド構築事例-システム構成図

Interviewee
株式会社プレシア_濱中様
生産本部 システム課長
濱中 章徳
株式会社プレシア_瀬戸様
生産本部 システム課チームリーダー
瀬戸 康平
Profile
  • 社名
    株式会社プレシア
  • 所在地
    神奈川県横浜市港北区新横浜2-3-8 KDX新横浜ビル
  • 設立
    1994年10月
  • 事業内容
    ・ パン、菓子類の製造及び卸業
    ・ デザート、洋菓子類の製造販売
    ・ 冷凍調理食品の製造及び卸業
    ・ 健康食品等の開発
    ・ 食品の輸入販売
  • 従業員数
    850名(正社員・契約社員・パート社員含む)
  • URL
Profile
PDFダウンロード プレシア様JGranz導入事例へ